映画『ソウ ザ・ファイナル 3D』予告編

原題 「saw:legacy」2010 アメリカ
監督 ケヴィン・グルタート
脚本 パトリック・メルトン
マーカス・ダンスタン
製作 マーク・バーグ
オーレン・コウレス
グレッグ・ホフマン

それぞれの作品ごとに観客を震え上がらせてきた大ヒットホラーシリーズ『ソウ』の第7作目にして完結編。今回は、シリーズ初の3Dによる迫力の超立体映像に加え、ジグソウが仕掛ける新たな恐怖のゲームがスタートする。トビン・ベルが今回も悪の化身、ジグソウを熱演。『ソウ』シリーズで編集を手掛け、『ソウ 6』では監督を務めたケヴィン・グルタートが再びメガホンを取る。次々と進化する戦慄(せんりつ)の物語と、観客を極限状態に陥れるパワフルな映像世界は圧巻だ。

ジグソウのゲームの生存者ボビー・デイゲンは、その経験談をTVや著書などで語りカリスマ的な人気を得ていた。同じくゲームの被害者で生き残った者達はボビーの元に集うが、その中には、1作目の被害者であるゴードン医師もいた。
一方、前作でジルの仕掛けた罠から生存したホフマン刑事は、復讐に執念を燃やす。ジグソウの遺品も狙うホフマンから身を守るためジルは警察に保護を求める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です