映画『ザ・チャイルド:悪魔の起源』予告編

『シャイニング』『ミザリー』のベストセラー作家、スティーヴン・キングの短編「トウモロコシ畑の子供たち」を原案にしたホラー。不気味な町に足を踏み入れた夫婦が、そこで人知を超えた恐怖を味わう姿を追い掛けていく。メガホンを取るのは、『インビジブル2』『パルス』といったホラーを中心に脚本、プロデューサーとして活躍してきたジョエル・ソワソン。キング・ファンの間でも人気の高い作品を、現代的解釈を施して同短編にはない新たな恐ろしさを生み出すことに成功している。不気味な牧師にふんした、『アンタッチャブル』『ヒルズ・ハブ・アイズ』などのバイプレイヤー、ビリー・ドラゴの怪演も見もの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です