『悪魔の存在を証明した男』 予告編

マイケル・キングは最愛の妻サマンサを事故で亡くし、失意の日々を過ごしていた。
サマンサは生前、占いに凝っていたが、それに懐疑的だった無神論者のマイケルは彼女の死因が占い師の誤ったアドバイスにあると考えるようになり、神秘的なことや超自然現象を否定するべく、自身を実験台にしてドキュメンタリー映画の制作に取りかかる。
だが、悪魔の降臨実験や取材を進めるうち、マイケルの身体に異変が起き始める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です