映画『死霊院 世界で最も呪われた事件』


ルーマニアで起きた殺人事件をベースにしたホラー。修道女が死亡した事件の真相を探るジャーナリストが、不可解な現象に遭遇する。

2004年、ルーマニアで23歳の修道女が3日間に及ぶ監禁の末に亡くなるという事件が起き、逮捕された神父は悪魔払いを行っていたと供述する。真相を究明するため現地で取材を進めるジャーナリストのニコール(ソフィー・クックソン)は、ある人物から悪魔払いが中断されたため悪魔は消えていないと言われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です