映画『悪霊館 ~ダークネス・ライジング~』

「ディアトロフ・インシデント」のヴィクラム・ウィートが脚本を担当したオカルトホラー。幼少期に母親に妹を殺され、自身も殺されかけたマディソンは、婚約者と従姉妹とともに事件のあった屋敷を訪れる。だが、母親を狂気に導いた悪霊の罠にかかってしまう。出演は、「スモール・アパートメント ワケアリ物件の隣人たち」のタラ・ホルト、「ヴィジョン 暗闇の来訪者」のブライス・ジョンソン、ドラマ『スパルタカス』のカタリーナ・ロー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です