映画『ゴースト・ブライド』

9世紀の帝政ロシア時代から伝えられた死者をよみがえらせる儀式が、現在に復活する恐怖を描いたロシア製ホラー。恋人のヴァンヤと婚約した女子大生のナスチャは、結婚式を挙げるためにヴァンヤの実家へと向かうが、不思議な空気と謎めいた雰囲気を醸し出すヴァンヤの家に到着してから、ナスチャは数々の幻想に襲われる。しかし、ナスチャが見た、死者をよみがえらせる惨劇の儀式の幻想は、単なる幻ではなかった。彼女はヴァンヤの曽祖母であるオルガを現世によみがえらせるための生贄として、この家に迎えられたことに気づいてしまう。監督は「ミラーズ 呪怨鏡」を手がけたスビヤトスラフ・ポドゲイエフスキー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です