映画『ケージ・ダイブ』

海を舞台に繰り広げられるサバイバルを描く「オープン・ウォーター」シリーズ第3作。オーストラリア沖でサメだらけの海に投げ出された観光客たちの運命を、事件から1週間後に海底で発見された水中カメラの映像で描いたファウンドフッテージ形式のサバイバルスリラー。2015年10月21日。アメリカ人のジョシュ、メーガン、ジェフはエクストリームゲーム番組のオーディションテープを撮影するため、オーストラリアのアデレード沖で「シャーク・ケージ・ダイビング」のツアーに参加していた。ところが彼らを乗せたクルーザーが高波にのまれて転覆し、参加者たちは海に投げ出されてしまう。ジョシュは周囲の人々が相次いでサメの餌食になっていく様子を小型水中カメラで撮影する。ジョシュたちは夜になって救命イカダを発見し、命の危機を脱したかに思えたが……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です