映画『アパートメント1303号室』

2007年製作の中越典子主演によるジャパニーズホラー「1303号室」を、「シックス・センス」のミーシャ・バートン主演でハリウッドリメイク。アルコール依存症の母のもとを離れ、デトロイトの高層マンションでひとり暮らしを始めたジャネット。しかしその直後、1303号室のバルコニーから落下して亡くなってしまう。警察は自殺と断定するが姉のララは納得できず、死の真相を探るため1303号室を訪れる。しかしその部屋には、恐ろしい秘密が隠されていた。共演に「ゆりかごを揺らす手」のレベッカ・デモーネイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です