『死霊のはらわた』予告編

サム・ライミ監督・脚本・製作による1981年の映画『死霊のはらわた』の設定を一から作り直した作品であり、ライミは本作にも製作・脚本として参加している。フェデ・アルバレスにとっては初めてのフィーチャー映画の監督となる。

森の奥深くにある不気味な小屋に、薬物依存症のミアのリハビリのため、兄デビットと二人の友人達が訪れた。 ミアの薬物依存は重症で、一度オーバードースをおこしており、オリビアから「次にまたODになったら、確実に死ぬ。禁断症状を乗り越えるまで絶対に帰らせない」と言われ、デビットは戸惑いながらも友人達とともにミアを見守っていた。 そんなある日、5人はその小屋で地下室への入り口を見つける。そこで何かの儀式が行われていた形跡と、一冊の不気味な本を見つける。そして唱えられてしまった呪文。
それから次の日、ミアが小屋の近くで不気味な人影を見たというが、オリビアは今の状況から逃げたいからでまかせを言っていると気にも留めなかったが、その日を境にデビット達はその小屋で起きていた恐ろしい事実を知ることになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です